企業は普段利用している光回線の仕組みを知る

情報化社会となって久しい昨今、企業活動における光回線の重要性はますます増してきています。
企業は光回線の仕組みを知り、そのメリットを最大限活用することが望まれます。
光ファイバーを使って構築される光回線によって、通信速度は飛躍的に上がりました。
それまではデータ量の多いページや動画のやり取りに時間を要していましたが、光回線を使えばごく短時間に送受信できます。
企業活動を円滑に進める上で、これは大きなメリットとなります。

今やほとんどの企業が光インターネットを利用しているわけですが、もはや不可欠なものとなっているだけに、その利用コストも気になるところです。
光回線の仕組みを知ることで、光インターネットをお得に利用しやすくなり、コスト削減が図れる可能性があります。

従来のADSLが、NTTが一社独占で保持していた電話回線を使っていたのに対し、光インターネットでは電話回線とはまったく別個に敷設された光回線を使っています。
光回線は各企業が自由に敷設できますが、初期投資費用が莫大であるため、自前の光回線を持つ会社はあまり多くはありません。
光回線を持つ会社の最大手がNTTです。
NTTは全国に光ファイバーを敷設し、フレッツ光という名称の光インターネットサービスを提供しています。
他にKDDIやソネット、JCOMおよび地域の電力会社なども独自に光ファイバーを敷設し、光インターネットサービスを顧客に提供しています。

都市部では複数の回線会社が光ファイバーを敷設しており、都市部の顧客の選択肢は豊富です。
一方、地方では、フレッツ光しか選択肢がないという状態が続きました。
そうした地域では競争がないため、料金は高止まりし、サービス向上もさほど進まず、利用が伸び悩みがちとなるものです。
その状況を打開するため、光コラボという仕組みが生まれました。
光コラボは、NTTの光回線を他社が借用し、プロバイダとして自社ブランドを設定して顧客に光インターネットサービスを提供するものです。

自前の光回線を持たないソフトバンクなどもプロバイダとして光コラボに参入し、ソフトバンク光という名称で光インターネットサービスを提供しています。
NTTの子会社のドコモも、同様にプロバイダとして参入し、ドコモ光を発売しています。
フレッツ光から光コラボに変更するのは、比較的簡単です。
同じNTTの光回線を使用しているわけですから、通信状況も基本的に同じです。
光コラボのほうが一般的に低料金であるため、変更したほうがコスト削減になります。
光コラボの登場により、企業経営における契約先選択の重要性は、ますます増してきていると言えそうです。