法人におすすめの光回線ってある?

現代社会で事業を行う上で欠かせない要素の一つがインターネット回線の導入であり、大量のデータを高速で処理するためには光回線の導入は必須であると言っても過言ではありません。
光回線の利用料金を経費として処理するためには個人名義ではなく法人名義で回線の契約をすることが肝心になるのですが、具体的にはどのような光回線が法人名義での契約に対応しているのでしょうか。
法人におすすめの回線について比較を行っていきます。

法人名義で契約ができる光回線としてまず挙げられるのがNTTフレッツ光です。
NTTフレッツ光は代金の支払方法が口座振替にクレジットカード支払い、そして請求書払いと3パターンに対応しているので法人にとっては非常に有り難い業者だと考えられます。
またNTTフレッツ光を契約すれば遠方にも格安の通話料金で電話ができるひかり電話の導入ができるので電話料金の節約をしたい法人にもおすすめです。

またSo-netなどのプロバイダが提供している光コラボサービスを利用して契約すれば大幅なキャッシュバックを受け取ることもできるので、お得に光回線の導入ができます。
但し光コラボに関しては全てのプロバイダが法人契約に対応しているわけでないので契約の際にはやや注意が必要です。

大手携帯キャリアであるドコモやauやSoftBankが提供している光回線のサービスであるドコモ光、auひかりやソフトバンク光といった光回線のサービスも法人名義での契約が可能です。
これらの大手携帯キャリアが取り扱う光回線は光コラボなどと比較をすると、携帯電話の料金の割引サービスが受けられるという点に大きなメリットがあります。
各キャリアの携帯電話を法人名義で契約しており、同じ名義で光回線を契約すれば毎月の携帯電話代金の基本使用料金が安くなる特典が享受できるのです。

なお携帯電話の割引サービスが最も充実しているのはauの携帯電話とauひかりの組み合わせとなります。
携帯電話と光回線をセットで契約した場合には携帯電話の利用料金が1台あたり毎月最大2000円安くなり、最大で10台まで割引サービスの対象となります。
会社の携帯電話としてauの携帯電話を導入している場合には特にメリットがあるといえるのです。

光回線の申込みを行う際には直接各事業所の公式サイトから申し込みをしてもよいのですが、よりお得に契約したいのであれば代理店サイトなどを経由するのがおすすめです。
代理店サイトを経由することでキャッシュバックの金額が増額されるなどのメリットがあるので、経費削減の為には少々面倒でも代理店サイトを経由すると良いでしょう。