飲食店で効果抜群なデジタルサイネージ

最近ではインターネットは既に通信手段として電話と並ぶほどのインフラと呼べるものとなってきました。
携帯電話もインターネットに接続することが一般的ですし、いつでもどこからでもネットに繋いで情報を得るということが当たり前の世の中にとなり始めています。
そんな中、看板や広告についてもインターネットの影響を受けて変わってきているのです。

インターネットとも繋がった新しいタイプの看板、それはデジタルサイネージというものです。
デジタルサイネージは日本語で言えば電子看板と呼ぶべきもので、これまでの板や紙などを使った看板に代わり液晶ディスプレイなどの画面を看板に使ったものとなります。
そして最近ではアパレル系の店舗や駅構内の広告などにも使われているこのデジタルサイネージ、実は飲食店にとってもその効果は大きなものが期待できるのです。
ではどんな点が飲食店にとってより素晴らしいところだと言えるのでしょうか。

まず、飲食店ではメニューからどれだけ美味しさが伝わるかが大事です。
例えばこれまでの商品ディスプレイなどでも、シズル感と呼ばれる五感に訴えかけるが重要だと言われてきました。
デジタルサイネージなら音や動的な画像などを使いまさに五感を刺激することが可能なので、このシズル感を強くすることができるのです。
これは大きな魅力だと言えます。

また、毎日変化する環境に合わせて動的に内容を変化させることもできるのがデジタルサイネージです。
例えば新メニューを大々的にアピールしたり、ランチやディナーなど時間帯に合わせて内容を変化させれば内容が飽きないものとなり他店との大きな差別化が可能となります。
販売管理システムなどと合わせれば、その時間帯でもっとも売れているメニューを表示させるということもできるのでより一層の差別化もできるでしょう。

さらにデジタルサイネージが得意とする双方向性も飲食店にとって生かせる点だと言えます。
例えばデジタルサイネージの内容をメニューブックのようにして、気になるメニューを選んだ際に大きく表示させられるようにすれば、顧客ごとに違う好みに合わせたメニューをアピールすることもできるのです。
これにより店舗に入らなくてもメニューを眺めることができるので、よりダイレクトに顧客獲得が期待できます。

このように毎日の変化や顧客の好みに合わせて動的に内容を変化できるのがデジタルサイネージの強みです。
この大きな特徴はまさに飲食店向けのものだと言えるでしょう。