韓国発の魅力的な目元

女性

涙袋の形成で愛らしい表情に

韓国生まれの美容整形の一つに、涙袋形成というプチ整形があります。韓国の女性アイドルの殆どが、目の下の涙袋がぷっくりとしていて、とても愛らしい顔立ちをしている事がわかります。これは、別名ホルモンタンクと言われ、笑った時にさらに目の下が盛り上がるので、愛くるしさをアップさせることができると若い人の間で人気です。涙袋形成はプチ整形の中でもお手軽な施術の一つとして考えられています。施術方法はシンプルであり、ヒアルロン酸を少しずつ目の下に注入し、ふっくらとした盛り上がりを作り出すのです。通常、仙台の美容外科医はヒアルロン酸を少量ずつ目の下に注入し、そのたびに患者に仕上がりを確認します。患者がもっとヒアルロン酸を入れて欲しいと言えば、さらに少しずつヒアルロン酸を注入していくのです。大切なことは、一気にヒアルロン酸を注入しないことです。やりすぎはおかしな目元になってしまうため、仙台の美容外科医はヒアルロン酸を少量ずつ増やしながら仕上がりを患者と確認します。

涙袋形成に関して、仙台の美容外科医はできるだけ患者の希望を尊重します。例えば、周囲に気づかれないようさり気なく涙袋をぷっくりとさせて欲しいという希望があれば、あまりヒアルロン酸を多く注入しないようにしています。他方で、不自然でも良いので、パンパンになるまでヒアルロン酸を注入して欲しいという患者の要望にもきちんと応えます。実際には、ヒアルロン酸の入れすぎは不自然に見えることから、やりすぎはあまり良くないと言われています。しかし、それでも患者が強く希望すれば、仙台の美容外科医の要望に沿った施術を行うのです。それというのも、涙袋の形成というプチ整形術はリスクが無いので患者の希望を優先することができるのです。リスクがある場合、医師はそれを考慮して患者の希望に十分に応えることができないこともありますが、涙袋の形成に関しては例外的な対応をしています。よって、韓国アイドルのように目立つ涙袋にしたいのであれば、パンパンになるまで十分にヒアルロン酸の注入をお願いすることです。

Copyright© 2020 きれいになりたい人を応援する医科について知ろう All Rights Reserved.